▼当サイトで一番読まれているページです▼

【まとめ】入社祝い金40万!マツダ期間工ってホントに行くべき?寮に住んだ感想とか

期間従業員のかげぽんです!

今回はマツダ期間工の待遇にメスを入れていきたいと思います

というのがここ・・・知っての通り日給が8000円なんですよ。実際稼げるの?って疑問を誰しも持つと思うんですよ

逆に入社祝い金が40万円と高額(現時点だと)

せっかく今、マツダ期間工に注目が集まっているので「実は稼げる!」その秘密を紐解いてみました!

給与だけでなく寮の環境も非常に優秀なんですよ(*’ω’*)

スポンサーリンク

マツダ期間工の待遇を簡単に復習してみる

簡単に書くとこんな感じ

  • 日給8000円
  • 勤務地:広島、防府
  • 寮費無料(現物寮費課税は相さつ)
  • 6か月毎の契約
  • 勤務時間:①08:15~17:00、②20:15~05:39(広島と防府で勤務時間が微妙に違います)

・入社祝い金40万円

祝い金の金額に関しては景気や稼働状況によって変化するのでこちらで確かめてください。時々更新してます!

【まとめ】期間工に支給する「入社祝い金」が悪魔的過ぎるwwどの派遣会社から入社したら1番稼げるのか比較してみた

・契約更新手当 (5万円/6か月毎)

・皆勤手当(2万円/月)

・特別手当(3万円※年2回(夏季・冬期)毎に支給)

・慰労金(12万円~/6ヶ月)

・食事補助 1万5000円/月※入社後最大6ヶ月間

・1ヵ月弱で有給が10日付与される!!

・契約更新時昇給あり!

待遇を書き出す前はマツダって「どうなんだろー」って思っていたけど書き出してみると意外と良さそうですね

スポンサーリンク

良い点

  • 入社祝い金が高額
  • 入社してすぐに有給が発生する
  • 寮から工場まで近い
  • 特別手当が支給される(夏季・冬季手当)
  • 30代や40代が活躍している
  • 給与が昇給する

入社してから1か月くらいで有給が10日発生する

マツダに入社すると2週間の試用期間が発生します。ちなみに時給は1000円

その研修期間が終了すると有給が10日付与されます。中には1か月弱働いてから付与される人もいるらしいけど大差ありませんね

特に初めて期間工を経験する人にとってライン作業は過酷だろうし、欠席や遅刻を数回繰り返してしまうと皆勤手当てや入社祝い金が消滅してしまう可能性もあります

その為の保険として有給を使うことができるのでとても便利だと思いますね

この待遇・・現時点ではマツダのみだと思う

寮から工場までの通勤時間が短い

すべての寮から工場までの通勤時間がとても短い

寮に関してあたりハズレがありません

マツダ期間工が住む4つの寮の特徴は?広島本社工場は40代も活躍できる?

マツダ防府工場で働く期間工が住む3つの寮はどんな感じ?広島工場との違いは?

近くて徒歩3分ほどで門まで行くことが出来るし、遠い寮でもバスで15分ほどで移動が可能なので凄く楽だと思います

しかも広い部屋に1人で住めることが大きなメリット!

こんな情報提供もして頂きました!

あの広い部屋に一人で住むことができるから満足している

自転車をレンタル出来るから車が無くても休日退屈しない

知り合いが期間工で働いているのですが、今のMAZDAは配属先によってですが、残業が結構あるのと土曜日休日出勤があるので稼げるよと。

寮と工場も近いので通勤も楽。広島駅にも近いため休日は遊ぶこともできてリフレッシュできる。

とにかく、トヨタとは違いますね。

トヨタの工場と寮は遠いため通勤バスで20分から30分ほど。近い寮はありますが徒歩はキツイです。

寮の周りは何もないため生活は不便。コンビニも2店ほど。ゲームセンター、本屋、100円ショップ、喫茶店は無し。

最寄駅まで7キロ。
駅までのバスは1時間に1本。
駅前はさびれまくっていて吉野家、松屋、ドトールコーヒーなどは無し。

車がないと不便不便不便です。

MAZDAに行くのは正解かも。

マツダの寮の立地は期間工の中でも優秀な部類なのかもしれないですね

30、40代でも働いている期間工が多い

マツダの期間工をやっていて思ったことは割と40代の期間工が多いということ

ホンダやプライムアースEVエナジーなども年配の方が他の会社と比較すると多いんだけどマツダも負けていません

【まとめ】プライムアースEVエナジー期間工の待遇や寮の情報!静岡勤務、50代や女性も活躍できる

しかも下記にありますが長く働けばお得なシステムになっているので長く働くことができる職場だと感じる

【重要】契約更新時に日給と慰労金が昇給する

マツダの契約期間は6か月毎になります

その都度【日給と慰労金】もこんな風に昇給していくことになる

  • 初回→日給8000円/慰労金12万円
  • 2回目(半年後)→日給9100円/慰労金13万6500円
  • 3回目(1年後)→日給9500円/慰労金は14万円くらい
  • 5,6回目(2年後)→日給10,200円/15万3000円

慰労金はそれほど変化はありませんが日給に関しては大幅に増えることになる

期間工として働いていると自分が考えていたよりも長く同じ会社で働いてしまうことがぼく自身多いのでこの昇給システムはうれしいですね

う~ん。でも5,6回目更新まで居座る自信がありません

日給9500円が関の山でしょうか?

入社祝い金が期間工の中でもダントツで優秀

時期によって変化するかもしれませんが現時点は40万円ということになります

・40万円を3ヵ月で割ると13万円

(3ヵ月間、毎月13万円給与外に支給)

・40万円を6ヵ月で割ると6万円

(6か月間、毎月6万円支給)

している事と同じこと。故にこの破壊力は大きいと思います

※しかもマツダのホームページから期間従業員の応募をしてしまうと

  • 入社祝い金が15万円のみ
  • 契約更新手当がなし

という待遇になっている

だから派遣会社経由で入社した方が絶対にお得だと思います!!!

マツダの期間工採用の面接はどんな感じ?どこの工場に配属される?正社員登用の条件とは?

超簡単に期間工を比較できる派遣会社ランキング、ベスト3はこれ!

マツダ期間工は毎月どれくらいの手取りを期待できるのか?

月収例を簡単に計算してみました!

昼夜2交代の場合

何も手当が無い月の月収例

☆日給×21日、残業20h、休出2回

  • 本給:8000×21日=16万8000円
  • 時間外手当:6万
  • 深夜手当:4万
  • 特定時間割増金:1万
  • 皆勤手当て:2万円
  • 食事補助:1万5000円

合計すると31万3000円ー5万円(控除)

26万3000円くらいになるのかな

慰労金が含まれる月の月収例

マツダは6か月毎に慰労金(12万円)、契約更新手当(5万円)の併せて17万円が支給される

単純に26万3000円+17万円=43万3000円

割とこんな感じの手取りだと思います(大体なので参考程度でお願いします)

※もちろん2,3か月目の給与まで入社祝い金が分割されて支払われます。その分は含めていません!

※他にも年に2回ほど夏季・冬季特別手当(3万円~6万円)や特別協力金(2,3万円)が支給されます。この手当は時期によっても金額が変動することが多いのでその都度違うと思います。ちなみに2割ほど控除されてしまうのが難点((+_+))

※マツダで6か月以上働くと日給が昇給します。そうなると時間割賃金が増えて残業代や慰労金も増えるので更新すればするほどお得だ!

マツダの期間工は年収400万円に迫るよ

マツダは稼げないと思っているかもしれないけどぼくの見解だとそんなことはありません(*’ω’*)

残業も定期的に発生するし土曜の昼勤はほぼ休日出勤だったような気がします

でも働いている方の声だと

  • 日給8000円がネックになって稼げない
  • ホンダが日給10、000円で募集しているのになぜここに来るの?
  • 食堂のご飯マズイ

こんな意見が多かった

自動車などの製造業は忙しい時期とそうでない時期が必ずループします

暇な時期にハズレくじを引いてしまいやすいのがマツダ期間工になるデメリットだと思う

正月やGWこそ手取り20万円以下なんてこともありますが大抵25万円以上手取りが期待できます

給与が高くなる理由はこれ

  • 特定割増時間が朝5:00~7:25、19:30~22:00までの間、28%が給与に加算される
  • 深夜割増時間が多い(夜勤:20:15~05:39)
  • 残業や休出が適度に発生している
  • 特別手当(季節手当)や組合からのご褒美手当もたまに支給される

でも・・やはり6か月以上続けた方がいいと思います。そうすれば日給だって9100円になるし、いろんな手当が支給されるからです

日給が上がると残業代も増えるので総合的な給与は益々増えていくことになります!

マツダの掲示板なんかでは「日給8000円なんてバカかよ!」なんて言われているけどこうやって調べてみるとそんなことはないでしょ?

事実、日産から最近マツダに赴任した人多かったんですよ

そんじゃーね。

マツダ期間工の待遇に関しての口コミはこちら

マツダで実際に期間工してる人たちの給与、待遇、寮、作業内容の口コミ

マツダのすべて寮に関しての情報はこちら

マツダの寮は工場から近いし、ワンルーム

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

←おかげさまで1位。

こちらも読まれています!
こちらも読まれています!