元依存症だけど、パチンコが”絶対に”勝てない理由を短時間で解説する!

SHARE

元依存症だけど、パチンコが”絶対に”勝てない理由を短時間で解説する!

パチンコ店のトイレ、ホームレスいる

かげぽんです!

 

「休憩中スロットの話ばかりしないで!聞いてるこっちが恥ずかしいからw」

 

ということで今回はパチンコのお話

今は完全にやめていますが、ずっと前は相当な依存症でした!

開店から閉店まで松屋の牛丼並み1杯しか食わずに打ち込んでました

人生最大の汚点ですよ

 

今回は、

  1. パチンコにハマるとやめれない
  2. パチンコしても絶対に勝てない理由

についてさらっと書いていきます

 

スポンサーリンク

パチンコは勝てない!考えなくても分かる

「ずっとパチンコ店が駅前に何十年も存続している」

これだけ見ても視覚的に分かるはず

「パチンコは勝てない!」

 

税金対策で店を構えているホールも存在するんだろう。でも大抵の店舗は従業員のお給料や利益を上げながら営業していますよね?

 

店側の支出で有名なのが、

バイト・正社員・店長・幹部の給与・・・店の中には何十人ものスタッフが働いているし、店が運営されているということは本社ビルだってあるんです

そこで働く幹部や社長ともなれば年収何千万?何億?でしょうか

土地代・店のローンとか

莫大な電気代・水道料金

新台を購入するのに必要なお金

 

色々あるけどこんなもんだと思います。しかも企業としてある程度内部保留・・・利益を出し続ける必要がありますね

「そんなこと言われなくても分かってる」

分かっちゃいるけど行きたくなる!

それがギャンブルなんだと思います

 

パチンコ依存症になったらもう更生できない?

難しいと思います

1回パチンコやスロットを覚えて依存症になってしまうとやめたくてもやめれなくなります

頭では勝てないと分かっているけど、体が脳が心が反応してしまうんです

 

パチンコで5万円負けて帰り道に「もう今日でやめる」・「なんて馬鹿なことをしたんだ」と後悔しても次の日には台の前に座っている

これがパチンコの恐ろしさです

 

 

今日負ける確率が高いのは納得している。でも過去に勝ったことがあるから今日は勝つ”かも”しれない・・・

その望みにかけて店に足を運ぶんだと思います

店に向かっている道中、思考が”勝つ”に変わってる。さっきまでの不安は?

 

他にもゲーム性が楽しい(音だったり演出がもう1回みたい!)

暇だから・・・とか

 

「俺に未来を!!」

 

そんな衝動に駆られてギャンブルばかりしていると当然だけどお金がなくなります

お金が無くなると今、手元にある資金を増やそうとしてまたパチンコをやります。最悪だと借金してまでやる方もいますからね

 

その後、完全にお金がなくなります。オケラ状態ですね

次の給料までお預け。その間に打ちたい衝動はストックされて、給料日に放出されます

このあとは無限ループ・・・お金もだけど時間もなくなっていく感じ!

 

お金を持っている人はパチンコなんかには行きません。行くのは貧乏人だけ

だって年収2000万円の人が1日3万勝っても嬉しくない・・・仮に1か月通して10万円勝ったとしても何の感動もないと思いますからね

 

逆に月収25万円の低所得者が1日で7万とか10万勝てば大事件ですよ

「うぉー」って感じ

脳内からアドレナリン?ドーパミン?みたいな訳の分からない物質が放出されてhigh状態になります

高確率モード突入・暴走モード・絆モード・特化ゾーンへ突入ですよ!

フリーズして全回転して絶頂ラッシュ突入ですよ!

 

 

店を出た後も自分が社会的に選ばれた存在、高貴なステータスな人間になったような気分に浸れます

自分以外の人間はバカ・・とか心底思いながら、800円くらいのラーメンを食べて一人で家に帰ります

スマホで今日勝った台に関する動画を見ながら明日また勝つ想像をする

耳は「キーン」ってなってる

 

次の日7万負けて自分がフリーズする

店の外に出ると大雨

この繰り返しなんです

それが店側の心理学を利用した策略なんですから

 

なぜパチンコは勝てないのか?

そんなの簡単です!

「店側が儲かる仕組みになっているから」

逆に客が勝てたら大問題ですよね?

経営していけませんw

 

でも客は毎日のように大金を落とします!不思議

店側は何も特別なことはしてはいません(遠隔とか)

 

今人気のバジリスクという台があったとします

1日中、客が入れ替わり打ってグラフ上では1万円のマイナスが発生したとします

その時点で店側の勝ちです。店内にはパチンコやスロットの台が何台ありますか?単純に掛け算するととんでもない売り上げになります

 

他の例で例えるなら、

バジリスクが7台あります

3台がプラスのグラフ、残りの4台がマイナスのグラフ。この時点で店側の勝利ですね

1日のデータで見れば島全体が勝つこともあるんだろうけど、中期的に考えれば客が負ける方向に収束していきます

 

負ける人が必ずいるので店側は営業していけるんだと思います

何も特別なことはしていません

設定をヘンに弄ったり、遠隔したりとか

 

まとめ:パチンコ出玉規制されたけど

「暇な人は所詮パチンコから足を洗えない」

パチンコ依存症の人が1か月、台に投入するお金と時間はだいたい5万円以上と4時間らしいです

ぼくの周りは10万に近い数字が出てます

 

今回の規制で警察は、「4時間で5万円相当の出玉を下回る」ように公言しているらしい

そうなるとダラダラ遊戯する・・・結局投資するお金は変わらない?

まぁそれは分からないけど注目しているのは台を作っているメーカーの動き

 

10年前も規制で4号機が廃止されました。でも何か変化ありました?

今回も法の隙間を搔い潜ってメーカーも新台を出すんだと思います

 

ネットで書き込みをしている依存症の方は、規制が始まったら「パチンコやめるw」とか発言しているようですw

 

A「規制された新台をメーカーが出したらしいよ!?」

B「ちょっと1回触っとくか?」

・・・ってなるに決まってる

・パチンコをやめる方法はこちら

【リアル】期間工がパチンコをやめるたった1つの方法

30歳なのに”派遣”を続ける奴は”人間のクズ!”…「ドラクエ」に例えると?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。