▼当サイトで一番読まれているページです▼

一番きついと噂の「組み立て工程」の期間工はどんな作業をしてるの?

かげぽんです!

今回は組み立て工程で働いている期間工が普段どんな作業を行っているのかを書いていきたいと思います!

こちらにもっと詳しく作業内容とか色々まとめてみました(‘ω’)

社外秘ギリギリ!期間工の仕事ってどんな作業をするの?初めての方でも分かるように工程別で詳しく解説します

期間工に応募すると組み立てやその隣のトリム工程に配属される可能性が非常に高いです!

入社する前に少しでも作業内容とか心の持ち方を知って欲しいなー

スポンサーリンク

7割の期間工が組み立て工程に配属される理由

毎日大変です。1年以上所属しているのに毎日毎日四苦八苦!

常に、バタバタです。1秒が大事です。もしお金で買えるなら50円くらいで買ってもよいくらいです。そのくらい作業についていくのに必死だし「もぉなんでだよぉ」「やばいやばい」って小声に出しながら作業をしています

どうしてだと思いますか?

ライン作業だからです

ボデー工程との大きな違いはここにあるといっても過言ではありません

最初に車がどんな流れで初期の段階から完成まで流れていくのか説明しておきますね

プレス工程→ボデー工程→塗装工程→組み立て工程→検査工程→お客様

このような流れです

で、組み立て工程のラインはめっちゃ長いです。縦に長くしてしまうと移動が不便になってしまうのでラインが折り返し折り返しで(横縦横縦横縦横縦って)作られています

組み付けられる部品の点数は3万点だそうです(トヨタ調べ)

めっちゃたくさんの従業員(ウン百人)が部品の取り付けを行っています

組み立てと言ってもぼくの考えとしては2つの箇所に分類されると思うんですよ

「トリム工程」もしくは「シャーシ工程」

  • トリムは主に自動車の中に入ってボルトを締めたり、内装を作っていく工程
  • シャーシはエンジンを乗っけたり、車の下、サイド面などを担当している工程

どっちがキツイかというと断然トリムの方がきついという意見が多いです。車内に入って腰を曲げ無理な態勢でボルトを打ったりケーブルをはいまわす作業はもう地獄でしょう

仕事中にスクワット1000回は覚悟した方がいいと思います

「あ、ぼくはシャーシ工程です」

しかし、期間工として入社した場合、7割近い人が組み立てに配属されるそうです。ギブアップしてやめる期間工の方が多いので当然だと感じます

手が器用で体力があって根性がないとやってられないのが組み立て工程という名の「神の領域」

「組み立て工程」は、ボデー工程やプレス工程と違ってライン作業です

どんな作業をするのか一言でいうと、
インパクトでボルトを締めまくる仕事

もちろんその他作業もたくさんあります

驚きの結果が!!期間工のぼくが1日に何本のボルトを打つのか計算してみた

言い忘れていましたが・・・「床が勝手に進んでくんです」

時期によってばらつきがありますがラインの動くタクト(1台あたりの秒数)と作業者が自動車を作る為にかかる時間(タイム)が設定されています

ということはつまり車に部品を組み付けるときに失敗したり、部品を落としてしまったりすると設定されている時間より遅れて作業が終わってしますことになります

「そうなるともう大変」

通常の作業位置よりも後ろに下がってしまうわけです。後ろに下がると部品が取りづらくなったり焦ってしまい手が震え、きちんと普通通りの作業が出来なくなってしまいますます後ろに下がってしまいます

そうなるともう手遅れ
もう”ひっちゃかめっちゃか”になっちゃいます
発狂もんですよ
ラインは基本的に止めてはならないのです

だからこそそれに耐えられる手の器用さ(技術)と根性(この状態が休憩を挟んで約8時間続くから)があることが重要になってくるわけです

こちらにライン作業を楽にする考え方やテクニックをまとめてみました!

男はつらいよ!期間工のライン作業を少しでも楽に行うための方法。テクニックとか

弁当工場に例えると分かりやすいです

ボデー工程だとその場に弁当の、箱が置いてあってただ指定された位置に指定された具材をぽんぽん入れていくだけで作業終了なわけですが、組み立て工程は違います

弁当の箱がある程度のスピードで動いている状態で「指定されている位置+サバの向き、角度。この具材は7g。ごはんはおいしく見えるように毎回盛り付ける」

伝わったと思いますが、
そのくらい大変!
単純作業なのです

なんだか中途半端になりましたがとにかく大変なんです

他にもばね指になりやすいとかありますけど、追々、説明したいと思います

最後に・・・

組み立て工程に配属されたからといって悲観することはありません

慣れればメリットばかり

他のボデー課や物流などは自分のペースで仕事をしにくいです

組み立てはある程度体が慣れて無意識に作業をこなす事ができれば「考え事」をしながら仕事が出来ると思います

最初は「きつすぎて」辞めたいと思うこともあるかもしれないけど、毎日同じ動作を何百回と続けて入ればどんなに手が不器用な人でもいずれできるようになります

その経験を次の現場に生かすこともできるはず

以上

そんじゃーね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こちらも読まれています!
こちらも読まれています!
スポンサーリンク