「最新」入社祝い金ランキング〜ベスト3

「羽生結弦くんもなった」尿膜管遺残症の手術しました!全身麻酔ってどんな感じ?【入院レビュー】

今、健康で居られるのは尊い

かげぽんです!

 

先日、羽生結弦も発症した尿膜管遺残症という病気になって入院してました!

当サイトは医学サイトでは無いのでそこまで詳しく書きませんが同じ症状の方の役に立てばいいのかなーと思っています!

(ぼくも情報がなくて不安だったので)

 

スポンサーリンク

おへそから膿が出続けるので病院へ。造影剤を投入!

生まれてから30年くらい特別大きな病気をすることもありませんでした

でもおへそを触っていると膿が出てきた・・

(ぼくの場合、痛みはありませんでした)

・Tシャツとかもめっちゃ汚れるし

・臭いし

・女の子とデートにも行けないし

・◯ープにも行けないし・・

・タイに行ってもゴーゴーバーに行けない

(後半エロばっか)

 

治療しようか放っておこうか?

本当にどうしようか悩みました・・

おへそを洗浄するだけではなく全身麻酔をしてお腹を切る手術をしなきゃいけないから!

運が悪いと副作用(アナフィラキシーショック)で亡くなったりする可能性もありますからね

 

迷いましたが入院することに・・

 

最終的にはエロが勇気をくれました

いつの時代もそうなんですね^ ^

 

病院に行くと点滴された。このあとCTを撮る為に造影剤を体の中に入れるらしい

本当にこれが最初の難関だった

めっちゃ怖かったですね

CTの装置の中に寝て万歳した状態で手を上げます・・・そして造影剤を注入!身体中のすべての血管を異物が通ります

身体中が熱くなって死ぬかと思いました

しまいには呼吸困難になって車椅子で外へ移動します

(水分補給が足りなかったのが原因らしい)

 

後日出来上がったCTがこれ!

人の背骨ってこんなに曲がってるのかw

↑へその緒と膀胱を繋いでいる管。普通は出生後に退化して無くなるらしい

でも成人の2%くらいは退化せずに残っている状態(尿膜管遺残)らしいです

腹痛やガンの原因にもなるみたい

ぼくの場合は軽症だったらしく腹腔鏡手術(お腹に3ヶ所くらい穴を空ける)という手法で尿膜管を除去するらしい

羽生くんみたいに重傷だとメスを入れて大掛かりな処置をしないといけないのかもしれません

 

尿膜管遺残症の手術の為に入院をする!

いよいよ入院です

最初は4人部屋でもいいのかなーと思いましたが話を聞くとあまりいい噂を聞きません

オナラやいびきが常にうるさいし、赤の他人がそばいると考えると怖いですからです

 

ブログのネタになるだろうと1泊2万8000円の部屋を予約しましたが空いてませんでした

だから1日5000円の個室をチャーター

あ、ぼくには医療保険があったんだ

なんとなく前から加入している共済を確認してみると・・

入院5日以上から支給、1日あたり1000円支給する

完全に詰みましたw

医療保険もどうにかしないと・・・

 

これが病院食です

何年振りだろ

手術の前日からは絶食らしい

夜9時ごろに下剤を飲みます

 

→朝になる!

手術の予定時間は11時ごろ

それまでにう◯こを出さなきゃいけないらしい

しかも胃の中にあるやつ全部

 

ということで「浣腸」というものをするらしい

浣腸なんて中学生振りですよ

人差し指を2本合わせて突き上げるやつ!

・・・どんな看護師がやってくれるのか?と待ち望んでいると、繁華街に普通に居そうな可愛いギャル系のさくら(仮名)がやってきました

→イメージ

さくら「ズボン下げてくださーい」

自分は恥ずかしいのでタオルで顔を隠してた

 

でも看護師って患者のあそこやお尻の穴なんて見慣れている

だから気にする必要ないんだよ!ってネットに書かれてる通り・・淡々と終わりました

 

でも浣腸って中学生がいたずらでやるようなやつじゃないんですね

冷たい棒みたいなやつをお尻に入れる感の不思議な儀式でした

 

そうすると1分くらいで便意が・・今までに経験したことのないような・・(ごにょごにょ)でした

さくらから「う◯こ出たら私に見せてくだい」という指示を受けたので勇気を出して見せました

 

じっと覗き込むさくら・・

どうやら合格のようです

手術の準備は万端です

それ以降、さくらに会うことは二度とありせんでした

 

ついに手術開始!全身麻酔ってどんな感じ?痛いのか?

手術の1時間くらい前になるとキツめの白いハイソックスを履かされる

術後に何十時間も同じ体勢でいるとエコノミークラス症候群になるのでその対策です

これがまた辛い・・

 

準備が出来たら手術室へ移動します

看護師がぼくを緊張させないよう世間話をしてリラックスさせてくれたのが身にしみる・・

→で、全身麻酔をやります

 

ぼくの場合は腹部に少しだけメスを入れるので

全身麻酔の前に「硬膜外麻酔」をやります

(個人的にはこれが一番怖かった)

これは背中を丸めて脊髄あたりに痛み止めの注射を打ちます(少しチクっとする)

そして脊髄袋という部分にもう1本麻酔液を注入します(背中が硬くなる感じ)

精髄は大事な場所。失敗したら取り返しがつきません

でもこの注射は痛くなかったです!

 

そして仰向けになっていよいよ全身麻酔です

ガスもあるみたいですが、今回は点滴でした

麻酔科の先生が麻酔の点滴入れるよーと言った瞬間に血管が少し痺れます!

痺れるーと思った2秒後くらいに意識が飛びます

 

言葉で表すのであれば

「PCを強制的にシャットダウンしたような感じ」

これが一番分かりやすい表現だと思う

 

 

そして・・2秒

 

そう2秒で手術が終わります(実際には1時間半)

感覚的にはこんな感じ

本当に不思議な体験をすることが出来た。もちろん手術中の記憶や痛みなんて全くありません

 

ぼくが手術室で目が覚めた時の第一声はこれ・・

「戦いに負けたルフィみたい」

 

何人の看護師にあそこを見られたのだろうか・・・尿道カテーテルを抜く

ぼくは合計で3泊4日くらい病院にいましたが日勤と夜勤では違う看護師さんが看病してくれます

手術が終わったあとは裸に手術着。だから普通に見られました

純子や京子、真那津にも・・

 

あと自分には最終試練が残っていました!

それが「尿道カテーテル」を抜くという作業

めっちゃ痛いらしい

 

でも挿れるときは更に何十倍も痛いらしい!(◎_◎;)(自分の場合は全身麻酔してたので分かりませんでしたが)

これは看護師の純子がやってくれました

純子はかなり手際がよく仕事ができる25歳くらいの優等生タイプ

→イメージ

 

→痛いのか?

抜く一瞬が痛いです!ギリ我慢できるレベル

安心してくだい!

でも純子ではなくさくらだったらもっと痛かったと思う

さくらは点滴の針を3回も打ち間違えて。失敗しっちゃったwと笑っているような子でしたから

注意

※尿道カテーテルに関してはちょっと忠告しておきたいことがあります

 

率直に言うと・・エロい事を考え出したら大変です

看護師がそばにいるので嫌でも妄想してしまう

 

カテーテルが入っている状態で大きくなってしまうと微妙に激痛が走ります!

面会の方は間違ってもエロ本の差し入れはやめましょう!

 

健康というのは大事だなと思った

これが術後です

何度も言いますがぼくは「軽症」でした。もっと腹痛や尿道の痛みを訴える人もいるそうです

でも正直にいうと・・

手術前よりも術後の方が大変でしたね

傷はズキズキ痛んで寝付けないし、動けないからずーっと天井を見て過ごさなきゃいけない

寝返りもできないからストレスMAXでした!

でもガンや心臓の病気と闘っている方と比べると大したことがありません

もっと苦しんでいる人はたくさんいるんだと思います

本当に「健康」って大事だなーと意識した1週間になりました!

マジで食生活見直さないと!

 

30時間振りくらいの食事です

 

尿膜管遺残症の手術費用は17万円くらい(個室3日)

高額医療制度を使えば10万円以内に抑えられると思いますよ

以上が入院レビューでした!

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

4 Comments

伝説の期間工

入院お疲れ様でした。
おそらく同い年くらいかな?
自分は健康診断で肝臓が少し悪かったくらいで大きな病気はしてないですが。。やっぱり健康って大事ですね。(入院こわい・・
お大事にしてください。

返信する
トシ

こんばんは!

かげぽんさんのブログ記事で一番感銘を受けました。

いくらお金があっても、いくら時間があっても健康で元気でなければ何の意味もありません。

考えさせられることが多かったです。

これからも元気で活躍してください!

返信する
かげぽん

こんな適当にサーっと書いた記事が一番ですかw

やはり病院のベットで寝たきりになっているおじいさんを見たりすると少し切なくなりましたね
若くして末期のすい臓がんになったり、脳に腫瘍ができたり・・普通に生きている事に少しだけ感謝してます

正社員おめでとうございます。。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。